HOME > 大学院案内 > 修学の利便を図る制度

大学院案内

修学の利便を図る制度
長期履修学生制度

教育プログラム 職業を有しているなどの事情により2年間での修学が困難な学生については、標準修業年限(2年)を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し、課程を修了することができます。
 この場合、授業料は、標準修業年限分の授業料総額を、認められた一定の期間に学期ごとに均分して支払うことになります。詳しいことは、人文社会科学部入試係にお問い合わせ下さい。

〒310-8512 水戸市文京2-1-1 茨城大学人文社会科学部入試係
電話:029-228-8102

なお、全学のページに詳細な説明がありますので、そちらもご覧下さい。
茨城大学大学院長期履修学生制度について(全学ホームページ)

入学料、授業料免除および授業料の徴収猶予

 経済的理由などにより入学料および授業料の納入が困難であり、かつ学業成績が優秀な学生、あるいはやむを得ない事情があると認められた学生などについては、本人の申請により選考の上、入学料および授業料の納入が免除されることがあります。また授業料については、延納もしくは月割分納が認められることもあります。詳しいことは、人文学部入試係にお問い合わせ下さい。

〒310-8512 水戸市文京2-1-1 茨城大学人文社会科学部入試係
電話:029-228-8102

奨学金制度

 日本学生支援機構の奨学金の貸与を希望する学生には、本人の請求に基づいて選考の上、奨学生に採用されます。また、日本学生支援機構大学院第一種奨学生で、在学時に特に優れた業績を挙げた者として機構が認定した場合は、貸与期間終了時に、学資金の全部または一部の返還が免除されます。詳しいことは、学務部学生生活課奨学育英係にお問い合わせ下さい。

〒310-8512 水戸市文京2-1-1 茨城大学学務部学生生活課奨学育英係
電話:029-228-8059

夜間開講

 大学院設置基準第14条の特例により、教育上特別の必要があると認められる場合には、必要な手続きを経ることにより、夜間その他の特定の時間または時期において授業または研究指導を行うことができることになっています。
 これにより、開講科目によっては社会人入学者で仕事を続けながら学びたい方などのために、夜間に開講されることがあります。