HOME > 大学院案内 > 大学院人文社会科学研究科紹介

大学院案内

大学院人文社会科学研究科紹介

大学院人文社会科学研究科紹介 大学院人文社会科学研究科は「文化科学専攻」と「社会科学専攻」の2専攻から成り立っています。
 「文化科学専攻」では、人間科学、歴史・文化遺産、文芸・思想、言語科学、異文化コミュニケーション、メディア文化に関する研究を行い、その研究から得られた専門知識を教授します。
 「社会科学専攻」では、法学・行政学、経済学・経営学、地域研究・社会学に関する研究を行い、その研究から得られた専門知識を教授します。  授業は、密度の濃い少人数教育です。2年間にわたる教員の丁寧な指導の下で、専門的なテーマを修士論文として執筆します。同級生と日々、切磋琢磨しながら、「基盤養成科目」で幅広く深い教養を吸収し、「研究推進科目」で高度な専門知識を学び、「キャリア支援科目」で専門職業人に必須の技能を身につけることができるような、独自のカリキュラムが編成されています。また、社会人の方々には、履修が容易になるような様々な方策を実施しており、留学生にはきめ細かい日本語教育を保証しています。

課程の概要

 人文社会科学研究科の修業年限は2年で、所定の単位を修得し、研究指導教員のもとで研究の成果を論文等にまとめ、審査と最終試験に合格すると、修士(学術)の学位が授与されます。また、新たに副専攻として「教育プログラム」(「コミュニティ・マネージャー養成プログラム」および「人文社会系サステイナビリティ学プログラム」)を受講できる仕組みもあります。これは地域連携的な調査・実習をつうじて実践的知識とスキルの獲得をめざすものです。さらに中学校教諭および高等学校教諭の1種免許状の授与資格を得ている方が、本研究科に在学して所定の単位を修得した場合には、それぞれの専修免許状(国語、社会、地理歴史、公民、英語)を取得する資格が得られます。

人文社会科学研究科の教育研究の目的

 人文社会科学研究科は、広く文化と社会の進展に寄与するために、人間の文化と現代社会が直面する学術的・政策的諸課題についての研究を行っています。そして、そこから得られる専門知識の教授をとおして、産業界はじめ広く知識基盤社会の中核を多様に担い、文化と社会の持続的発展のために貢献する専門職業人、すなわち中核的専門職業人を育成することを目標としています。中核的職業人とは、上記の諸課題の解明へ向けての幅広い視野と深い専門性に支えられた研究・調査・分析能力と、新しい社会での活躍に必要な判断力・構想力・実践力を備えた、高度で知的な素養のある人材ともいうことができます。
 教育研究目的の全文はこちらをご覧下さい。

社会人・外国人留学生のために

 人文社会科学研究科では社会人や外国人留学生を積極的に受け入れるべく、入試においては特別選抜を行なっています。また、職業を有する人の修学の便宜を図って、修業年限の延長を認める「長期履修制度」や夜間開講等の仕組みも設けられています。こうした背景のもとで、国籍においても年齢においても多様な人々の学びの場となっています。

人文社会科学研究科への入学を考えている方へ

 人文社会科学研究科では皆様の幅広い関心に対応して、多様な専門分野を用意しています。また、学びたいという向学心をお持ちの方々にむけて、一般選抜のみならず、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜など複数の選抜方法を実施しており、入学の門戸を大きく広げています。さらに、研究生や科目等履修生という形での受講方法もあります。詳細は大学院入試概要をご覧下さい。