HOME > 学部紹介 > インターンシップ

学部紹介

インターンシップ

インターンシップ インターンシップとは学生の就業体験のことで、茨城大学人文学部・大学院人文科学研究科では、県内・県外の各団体・企業の協力を得て、平成12年度より毎年行っています。人文学部の選択科目として8月から9月にかけて実施され、2週間(実質10日間)参加した場合、単位数は2単位となります。人文学部所属の2~3年次生を対象としていますが、大学院生も参加できます。事前のオリエンテーションなどへの出席、インターンシップ終了後に受け入れ先から提出されるインターンシップ評価表、インターンシップ終了後学生が提出するレポート、インターンシップ報告会での発表の内容等を総合的に判断して単位認定を行います。履修希望者は4月のガイダンスに出席し、5月から6月にかけて出される掲示に注意して下さい。
 人文学部のインターンシップは「公的機関インターンシップ」と「民間企業インターンシップ」に分かれています。2016年度の受け入れ先機関は以下の通りです(敬称略、順不同)。

公的機関インターンシップ
公官庁関係

文部科学省生涯学習政策局男女共同参画学習課

茨城県庁関係

労働政策課、広報広聴課、総務課、総務課私学振興室、生活文化課、女性青少年課、職業能力開発課、企画課、茨城県警警務課、茨城県水戸生涯学習センター、県南県民センター県民福祉課、教育庁総務部調査・広報担当、茨城県教育財団、県立白浜少年自然の家、県立図書館、医療大学総務課、近代美術館、近代美術館天心記念五浦分館、陶芸美術館

市町村役所およびその他

土浦市役所、笠間市役所、水戸市役所、日立市役所、石岡市役所、古河市役所、那珂市役所、鉾田市役所、北茨城市役所、常陸大宮市役所、つくばみらい市役所、つくば市役所、ひたちなか市役所、いわき市役所、秦野市役所、大洗町役場、東海町役場、茨城町役場、大子町役場、水戸市国際交流協会、JAICA筑波、JICE

民間企業インターンシップ

(株)フットボールクラブ水戸ホーリーホック、(株)茨城新聞社、筑波銀行、ネッツトヨタ水戸、特別養護老人ホーム樅の木荘、茨城放送、テレビ朝日映像、(株)テレビ岩手、J-スポーツ、朝日新聞社水戸総局、産経新聞水戸支局、毎日新聞水戸支局 、(株)木楽社、主婦の友社、東武商事(東武グループ)、東武ステーションサービス(東武グループ)、KNT KOREA