HOME > 学部紹介 > 国際交流 > ペンシルバニア州立大学(PSU)

学部紹介> 国際交流(留学先大学紹介)

ペンシルバニア州立大学(PSU)

 広々としたキャンパス、治安も良好で、茨大生の留学先としては高い人気度を誇っています。先方から茨大へ1年留学する学生も毎年います。

プログラムの紹介

留学先プログラムの紹介
・留学期間
  ①1年の交換留学は8月から翌年の5月
  ②9月に10人程度を派遣する国際教養プログラムの講義もあるが先方の都合で開講されない年もある
・募集人数
  1年留学は5人、国際交流プログラムでは10人程度

【短期研修】
 ス国際教養プログラムの講義は、2週間程度ペンシルベニア州立大学(PSU)に滞在し、自分の設定したテーマで調査する。このリポートを英語で書き、PSU生の前で、英語でプレゼンテーションし、質問に英語で答える。これが評価の対象となる。

【1年間の留学】
 ①TOEFL-iBT54(TOEFL-ITP:480)だと英語集中授業を受講し、2学期目に大学の正規授業を受講 ②TOEFL-iBT80 (TOEFL-ITP*:550)GPA2.5以上であれば、大学の正規授業を受講可能-。

・単位互換制度 留学は、PSUで取得した評価に応じて単位が互換できる。短期プログラムは、リポートやプレゼンの結果で2単位が取得できる。

体験記
ペンシルベニア州立大学(PSU)交流事業報告(2015)報告書2015/02
タフな精神、執着力、前向きな姿勢 (留学手記) 塩原 理花 4年2015/07
動画紹介
2015 米ペンシルバニア州立大学との交流事業(前編)
2015 米ペンシルバニア州立大学との交流事業(中編)
2015 米ペンシルバニア州立大学との交流事業(後編)
2015 米ペンシルバニア州立大学との交流事業(特別編)