HOME > 学部紹介 > カリキュラム・ポリシー

学部紹介

人文学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

人文学部では、ディプロマ・ポリシーに示された能力を身につけてもらうために次のような方針で教育課程を編成・実施しています。カリキュラムの詳細については、各学科の「カリキュラム」のページを参照して下さい。

  • 幅広い教養と専門性を兼ね備えた人材を育成するため、教養から専門科目まで、4年一貫の体系的なカリキュラム体制をとっています。
  • 人文諸科学・社会諸科学の特定領域の専門知識・方法論を身につけるために、2年次にコースを決定し、コースの特色に応じて、基礎から応用までの講義系科目と少人数教育を重視した演習系科目・実習系科目等を効果的に配置しています。
  • 幅広い知識と総合的な思考力を身につけさせるために、所属コース以外の専門科目の履修も可能としています。
  • きめ細かい履修指導を通じて、学生の関心に即した履修計画を構築することができるようにしています。
  • 実践的なコミュニケーション能力や課題解決能力を養成するために、コースカリキュラムの他に複数の学部共通プログラムを用意しています。
    • (1)社会人としての自覚を育て、社会で活躍できる基礎的能力を養成するための「根力(ねぢから)育成プログラム」
    • (2)国際性と英語による実践的コミュニケーション能力を養成するための「国際教養プログラム」
    • (3)地域の課題発見・解決に役割を果たす地域リーダーを育成するための「地域課題の総合的探求プログラム」
    • (4)外国語としての日本語の指導者を育成するための「日本語教育プログラム」(本プログラムは留学生センターが本学部及び教育学部と連携して運用しています)
  • 人間と社会が直面する諸課題に主体的に取り組むための探求力、思考力、実践力を養うために、専門演習や卒業研究を置いています。
人文コミュニケーション学科のカリキュラム・ポリシー
  • 1年次から2年次にかけて、人間、社会、自然に関する幅広い教養科目を履修します。
  • 2年次前期に専門分野の概論的科目(コースからの推奨科目)を中心に配置し、複数の専門分野の基礎知識を身につけます。
  • 2年次後期からは人間科学コース、歴史・文化遺産コース、文芸・思想コース、言語コミュニケーションコース、異文化コミュニケーションコース、メディア文化コースのいずれかに所属し、所属コースの学問分野の専門性を深めます。
  • 2年次後期から3年次にかけてコース必修科目を設置し、各コースの学修に必須の方法論、知識等を修得します。
  • 所属コース以外の専門科目も履修を可能にして、人文諸科学・コミュニケーション学の専門知識を幅広く身につけます。
  • 全ての学年に演習形式の授業を設定し、論理的かつ総合的な思考力とコミュニケーション能力を育成します。
  • 4年次に卒業研究を必修化し、課題探求力や実践力を育成します。
社会科学科のカリキュラム・ポリシー
  • 1年次から2年次にかけて、人間、社会、自然に関する幅広い教養科目を履修します。
  • 1年次に、幅広い社会科学の世界、および各コースの内容を紹介する分野別基礎科目を履修します。
  • 2年次から法学・行政学コース、経済学・経営学コース、地域研究・社会学コースのいずれかに所属し、専攻した学問分野の専門性を深めます。
  • 所属コース以外の専門科目も履修を可能にして、社会科学の専門知識を幅広く身につけます。
  • 4年間を通じて少人数の演習形式の授業を設定し、論理的な思考力を育成します。
  • 4年次の卒業研究を必修化し、課題探求能力を育成します。